ウワサの、おすすめの金運、開運グッズ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

ジャンボ宝くじがよく当たる宝くじ売り場一覧はこちら
開運グッズは数あれど、当たるか当たらぬかは信じたもののみぞ知る、ということで、ウワサ、話題の金運、開運グッズを探してみました。
エケコ人形


スポンサーリンク

パワーストーン 宝石 ブレスレット

開運財布

風水鏡風水画

ボージョボー人形
仙台四郎


<エケコ人形>
楽天ランキングからエケコ人形を購入する
アマゾンからエケコ人形を購入する

エケコ人形とは?
エケコとははアイマラ族、ケチュア族の間で福の神と信じられており、自分が手に入れたいもののミニチュア品を持たせてさらに、タバコをくわえさせることによって祈願する。(人形があまり小さいと咥えられないので、最低でも人形の大きさは全高20センチ程度が必要)。祈願する品は何品あってもよい。

ボリビアのアラシタ祭で売られており、陶製で、高さは数cm~数十cmであり。容姿は、両手を広げたおじさんでチョビ髭を生やして口を開けて笑っている。耳まで覆うことのできる毛糸の帽子を頭にかぶっており、山高帽などをかぶることもある。

ミニチュア品にはいろいろなものが販売されている。以下は一例である。
袋に入った穀類(米、麦、キヌアなど)
缶詰の食料品
洗濯用粉石鹸や固形石鹸
鍋、釜、フライパンなどの調理器具
紙幣(ボリビアーノ、ドルなど)
クレジットカード
大学の学位記(ディプロマ)
各種資格証(弁護士資格、医師免許、教員免許、運転免許など)
家(庭付きの豪邸のジオラマのようなものも)
煉瓦や鉄骨などの建材
オートバイ、乗用車、トラック
パソコン、冷蔵庫、洗濯機、ステレオなどの家電品
ドレスなどの服飾品や宝飾品
パスポート
航空券や鉄道、バスなどの切符
願掛けでタバコを吸わせるのはアンデス地方で予言などの際にタバコの煙が必要とされていた為である。
楽天市場からエケコ人形を購入する
アマゾンからエケコ人形を購入する


<パワーストーン 宝石 ブレスレット>
楽天市場から購入
楽天市場からパワーストーンを購入する(検索結果一覧に飛びます)

楽天から宝石を購入する

>楽天からブレスレットを購入する

アマゾンから購入
アマゾンからパワーストーンを購入する

アマゾンから宝石を購入する

アマゾンからブレスレットを購入する

古来から様々な民族のあいだで、貴石、宝石に特殊な力があると考えられてきた。ヒスイはマヤ文明やアステカ文明では呪術の道具として用いられており、紫水晶は西洋では魔術や毒を防ぐ力をもっていると信じられていた。
この宝石の力についての考えがアメリカ合衆国でのヒッピー文化に取り込まれ石に癒し(ヒーリング)の力があると解釈されるようになった。このとき、特に癒しの力が大きいと考えられていたのが水晶である。「クリスタルパワー」という言葉が作られ、水晶による癒しの効果が説かれるようになった。
その後、ニューエイジムーブメントが日本に舶来したため、日本でも注目を浴びるようになり、従来はほとんど需要のなかった鉱石が大いに売れることとなった。その後は下火になったが、いわゆる「スピリチュアルブーム」の影響と思われるパワーストーンブームが再び起きている。著名人(芸能人、プロスポーツ選手)が身に着けていたり、書籍等で勧めるなどの影響も考えられ、ブームの影響により価格が高騰しているものもある。アクセサリーの一部として販売されることが一般的だが、研磨前の裸石が販売されることも多く、また、水晶や紫水晶のように群晶(クラスター)をそのまま販売するもの、黄銅鉱のように母岩ごと採集して販売するものなど様々な形態がある。

楽天市場から購入
楽天市場からパワーストーンを購入する(検索結果一覧に飛びます)

楽天から宝石を購入する

>楽天からブレスレットを購入する

アマゾンから購入
アマゾンからパワーストーンを購入する

アマゾンから宝石を購入する

アマゾンからブレスレットを購入する


<開運財布>
楽天ランキングから購入
楽天市場から開運財布を購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
開運財布


色は、金運を考える上でとても大事である。よく金運に良いとされているのが黄色。確かに黄色は金運を呼ぶ力がとても強いのが、その分出ていく勢いも強いのが特徴。そのため、真っ黄色より、土の色である茶色を加えた黄土色がよい。
茶色はお金を貯めるという運気が強い色。二色をミックスさせることにより、運気のバランスがよくなる。
女性に人気の高いピンクは、周囲がお金を運んできてくれるという意味合いがある。しかし、時代を問わず男性に人気の黒は、お金を呼び込む力はさほど強くないが、一度入ってきたお金を守る働きがある。
では、避けた方がいい色というのはあるのでしょうか?一般的には、散財を表す赤や、青、緑色は避けた方が賢明だ。また、白は今までの運気を一度リセットしたいときに買うのがいい。

時期
春に新調するのが金運には効果的である。「財布がお金でパンパンに貼る(春)」のは縁起がいい、という謂れがあるからだ。
尚、秋に買うのは「空き」という悪い意味と、実りの秋から「実り」という良い意味が混在している。
物事の捉え方は、幾通りもあるもの。自分の都合や、好み、気持ちに添って決めたほうがいい
色褪せたり破れたりしている古い財布は、それだけでも運気が低下しているもの。開運することでお金に困らない生活を送るためには、お金に愛される金運財布を持ったり、古より大切にされてきた縁起のよい日を大切にしたり、好かれる習慣を身に付けることが大切だ

相性
金運がいい財布と聞いて買ったはいいけれど、どうも使いにくい。こんな悩みをもつ方もいる。どんなに色や素材、形が金運にいいとされていても、オ-ナ-である自分自身が満足できなければそのマイナスの感情が、運気も逃がしてしまいます。何よりも自分が「使いやすいな」と思える財布を選ぶことがポイントだ。
では、そもそも使いやすい財布とは、一体どのようなものでしょうか。それは、きちんと整理整頓されたシンプルな財布です。決して機能性や多様性の有無ではありません。
具体的には、支払いをする際に、もたつかず、スマートにお金の出し入れができることが大切!
ポイントカードや、カードは専用のケースを併用するなど工夫をして、中にはお金だけを入れておくのがベストだ。金運を上げたいなら、整理整頓は必須である。
また、女性に多い、がま口タイプは確かに手軽で使いやすいのだが、どうしてもお札を小さく折り畳んで入れることになり、金運にはあまりよくない。
どうしても、という場合は、お札と小銭を別々に入れることができるタイプを選ぶと良い。お札にとって居心地が良い状態を作ると、自然に金運も上がる。その意味でも、お札を折る必要のない長財布が最適だ。
人によっては、好きな芸能人が使っているからとか、有名なブランド物だからという理由で選ぶ方もいるようだが財布との相性を見落とす方は多い。
自分に合っていないと使いにくさを感じ、金運も下がってしまうので、安易な理由で選ばないように気を付けましょう。人と財布も相性が大事。人間関係の基本と同じなのだ

楽天ランキングから購入
楽天市場から開運財布を購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
開運財布


<風水鏡風水画>
楽天ランキングから購入
楽天市場から風水グッズを購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
風水

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。
そのため風水は大別すると、(1)地形読破の術である「巒頭(らんとう)」と(2)時間によって変化する天地間の気を判断する「理気(りき)」とに別れる。 (1)巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。一方、(2)理気は陰陽五行思想や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。

楽天ランキングから購入
楽天市場から風水グッズを購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
風水


<ボージョボー人形>
楽天ランキングから購入
楽天市場からボージョボー人形を購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
ボージョボー人形

マリアナ諸島の先住民チャモロ民族の間で古くから親しまれていた願掛け人形。「ボージョボー(Bo jo bo、和名ウジルカンダ)」と現地で呼ばれているツタ性の植物の種を体や頭部に使い作られている。その手足の組み方で様々な願いが叶うとされている。

楽天ランキングから購入
楽天市場からボージョボー人形を購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
ボージョボー人形


<仙台四郎>
楽天ランキングから購入
楽天市場から仙台四郎グッズを購入する(検索結果一覧に飛びます)
アマゾンから購入
仙台四郎
江戸時代末から明治時代にかけて、現在の宮城県仙台市に実在した人物。旧字体で「仙臺四郎」とも書く。本名は通説では芳賀 四郎であるが、親族によれば「芳賀 豊孝」
知的障害でほとんど話すことができなかったが、四郎が訪れる店は繁盛するとして存命中から各地でもてなされた。没後、商売繁盛のご利益がある福の神としてその写真が飾られるようになった。

四郎の知的障害には2つの説があって、生まれつきだという説と、そうではなく、7歳の時花火見物中に誤って広瀬川に転落して溺れて意識不明となり、それが元で知的障害となったという説がある。言葉は「バアヤン」などとしか話せなかったそうである。
その後、四郎は気ままに市中を歩き回るようになった。行く先々で食べ物や金品をもらったりしていたが、人に危害を及ぼすことはなく愛嬌のある風貌をしていたので、おおむね誰からも好かれた。子供が好きで、いつも機嫌よく笑っていたという。「四郎馬鹿(シロバカ)」などと陰口を叩かれることもあったが、不思議と彼が立ち寄る店は繁盛し人が集まるようになったため、「福の神だ」などと呼ばれてどこでも無料でもてなされたとされるが、実際には家人が後に支払いに回っていたこともあった。店にしてみれば、どんなに高額な飲食でも、必ず後で代金を支払ってもらえる上客と解釈できる存在であったという側面もある。四郎は素直な性質であったが、気に入らない店には誘われても決して行かなかったという。
やはり無料で鉄道を利用し、宮城県内の白石や、福島県の福島、白河、さらには山形県の山形まで足を伸ばしていたらしい。

楽天ランキングから購入
楽天市場から仙台四郎グッズを購入する(検索結果一覧に飛びます)

アマゾンから購入
仙台四郎


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。