良い電子書籍の条件 BookLive! Readerstore Kindle kobo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

ついにAppleも参入した電子書籍業界。
群雄割拠の今、各条件を比較してみました。


スポンサーリンク

結局のところ、良い電子書籍の条件は2点と考えます。

1、自分の読みたい本をどこが多く出版しているか。
2.読むためのマシンとツール(入手先)は何に、どこにするか。

です。いまiphone を使っている人は、そのツールで読める電子書籍会社を選ぶべきかと。
本を読むためだけにkoboやkindleを買うのもいいですが、お金と相談してください。

では、客観評価、スタート(今後随時更新していきます。)

本の数 備考 Windows iPhone/iPad Android
BookLive! 約11万8000冊 タイトル数約8万冊
Readerstore 約7万8000冊 無料約2000冊 × ×
Kindleストア 約7万4000冊 ※カテゴリごとの数値を合計したため実数とは異なる ×

koboイーブックストア

約11万冊

有料書籍は約6万6000冊
青空文庫約1万冊、楽譜約3万冊、歴史的古文書約3,600冊、Wikipedia作家情報約500冊を含む
× ×
AppStore 非公開(2012/11現在)
紀伊國屋書店BookWeb 10万冊(2012/11現在)
honto 6万冊(2012/11現在)
BOOK☆WALKER 6万6千冊(2012/11現在)
eBookJapan 9000冊(2012/11現在)
BinB store 1600冊(2012/11現在)
マガストア 183タイトル(2012/11現在)※販売している雑誌のタイトル
GALAPAGOS STORE 8万冊

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。